データチェック 続き

店頭に色鮮やかなオレンジやグレープフルーツが並ぶ季節となりました。

え?年中売っているのではないかって?

そう、年中売られているのですが、季節により産地がちがいます。やはり私の独断と偏見では、3月ごろ店頭にでるアメリカ産が一番おいしいです。見た目も宝石のように美しく、昨日は衝動買いしてしまいました。夜遅く帰宅した夫が夕食を食べている前で、私はオレンジをいただき、、

「ああ、幸せ」

と感じた一瞬でした。


ところで、今日は業者さんに入力してもらったエクセルデータのチェックをします。

一枚一枚もとの調査用紙とエクセルの数字を確認します。

すご~く、苦手、というかできれば避けたい作業。目にもてきめんに影響するし。
でも、研究者として絶対に避けてはならないプロセスです。データは命(の次に大事)、もとの入力データがまちがっていたら、出てきた結果は信用できません。この過程は論文に書くわけではないし、どこまで厳密にするかというのは、研究者の倫理観に委ねられているところなのですが。

私は自分のお師匠様が自分に伝えてくれた研究者としての姿勢を守っていきたいと思います。

追記
1730現在、9580項目確認。ここで、力尽きる。このあとは、文献読みをすることにしよう。

[PR]

by redsunflower | 2014-03-13 09:52 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/21555116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。