健康のための体重コントロール

最近、定期的に訪問するブログでダイエット=体重コントロールのトピックが何件か続きました。
そうそう、アラフィーになると、健康も重要なトピックなのです。見た目より何より、健康のため!というのがミソです。

そういえば、「朗朗介護」の米沢先生も東京から大阪に看護のために通い続けるために、まず体重を落としたら、いろいろな数値もすっかり改善されたとおっしゃっていました。

私、実は40代のころ、減量に成功したことがあります。当時は公募に出しても落ち続け、意気消沈する毎日。せめて自分の力で何か達成できるものはないかと考えて、ダイエットに挑戦。見事、7キロ近く落としました。

しかし、公募で現職についたら、ストレスと夜遅い食事で、見事リバウンド。やせた時に買った服はすべておさらばとなりました。

でも、このままいけば生涯脂肪の友を抱え、体調について悩まなくてはならないのも嫌だとつくづく思い、昨年秋から食事に気をつけるようになりました。何と、ホームベーカリーまで買い、家で、ローカーボパンを焼いたりしております。(といっても、焼くのはHB.私は化学の実験のように材料を入れるのみ。気分はアンパンマンの博士♪)

で、結果。う~ん、トータルで4キロほどやせたかな。体も少し軽くなりました。甘いものは糖質の少ないキャンディーやチョコを食べています。エンゲル係数は若干あがりましたが、将来も元気で過ごせるなら安いものです。

唯一の欠点は、簡単に「中食」できないこと。できあいのお惣菜には砂糖がたっぷりはいっているので、できるだけ自炊しています。野菜たっぷりの食事を作るには、それなりの手間もかかります。おなべや湯豆腐はとても助かるけど、毎日というわけにもいかないし。でも、きっとこれは忙しいと言って手を抜いてはいけないことなんでしょうね。便利だとつい流されてしまいがちですが。
[PR]

by redsunflower | 2014-02-12 12:33 | 健康 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/21412539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by princessc at 2014-02-12 22:11 x
redsunflowerさま 体重はほんとにネックですね。30代までは、食べ過ぎても、次に日に食べる量を減らすことですぐに戻ったりしましたが、もう50代への秒読みのこのごろは、増えたものは落ちません(笑)。適度に体をうごかして、バランスよくたべるのがやはりいいのかな。でも、仕事のストレスがマックスになると、ついつい食べています。
Commented by redsunflower at 2014-02-14 10:21
princessc さま。ええ、本当にストレスは体重コントロールの最大の的です。ストレスで今度こそリバウンドしないようにします!!