論文改訂計画

論文改訂計画.

7月から始まる母校のクラスに聴講で戻ることにした.私のアドバイザーがアメリカからvisiting professorとして戻ってこられるのでそのクラスを受けさせてもらう予定だ.昨日メールを入れて,今日OKの返事がきた.

「よし!」

自ら締め切りを設定したことになる.彼の授業を聴講させてもらい,プラス論文のアドバイスをもらうには,改定作業の骨子を7月までには終えてなくてはならない.

アメリカの教授は,決して手取り足取り教えてくれない.ドクターをとったら,同等の研究者扱いだ.でも,建設的な質問をすれば必ず建設的なアドバイスをくれる.蛇足の質問は,せいぜいジョークで返されるのがオチだ.
指導教官が何もかも面倒見てくれた日本の大学とはえらい違いだ.最初はとまどったし,日本人の指導教官に手取り足取り教えてもらっているドクターの卵たちがちょっぴり羨ましく思えたりした.でも,私は「人の言うとおり」の研究するのは苦手なタイプだから,やはり今の緊張感のあるやり方があっているみたいだ.

よおし,気を引き締めてかかるぞ.
[PR]

by redsunflower | 2006-05-12 21:15 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/2137833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。