」「終の棲み家に飛べない理由」俵萌子 中央公論社

著者は離婚後、一線で活躍してきた、老後の生活のために全国各地の理想の老人ホームを探す。

結局、本の刊行を待たずして肺がんの手術を受け亡くなる。そのあとがきに娘さんが寄せた文で彼女の最期がわかるが、先にあげた「ガンを手術すべきかどうか」の本を読んだ後だけに考えさせられた。

以前乳がんにかかったことのある作者は肺がんがわかった時、娘さんに手術を受けるかどうかについて相談した。娘さんは熟考をすすめたが、「体にあるとわかったらとってすっきりしたい」と考えた(と思われた)著者は手術を受けた。その結果、肺炎が悪化し、亡くなったのである。末期はステロイドなどの治療で大変苦しまれたそうだ。「結果的に手術に踏み切ったことが命取りになった」と娘さんは述懐している。

がんは「自分で歩いて診察を受けにくる患者」をすぐ死なせる病ではない、と先の本のどこかにもあったが、いろいろな選択肢が考えることも、ある一定以上の年齢で「がん」と診断されたら必要だと思った。ただ、その選択は難しい。結局はどう死ぬのかを突き詰めるのは、どう生きてきたかということにかかっているのかもしれない。
[PR]

by redsunflower | 2014-01-12 12:03 | 読書録 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/21261520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。