まだ仕事

猛暑が続いております。

帰宅するとふらふら状態が続いておりますが、朝になると復活しているのでやはり暑さのせいでしょう。長い通勤距離が恨めしくなります。普通、ジャーナルを読むことが多いのですが、さすがにこの2・3日はぼーっとしております。ただ、何にもしないと長いのですよね。。

さて、ここ2週間ほどでいろいろなことがありました。

参院選挙。
デトロイトの破産。
イギリス王室の王子誕生。

感慨深いのは、デトロイトの件でしょうか。
デトロイト空港はアメリカ有数のハブ空港です。日本とスケールが全く違います。
10年近く前、デトロイト乗り継ぎでカナダの学会に行ったのですが、帰りにエンジントラブルで飛行機がひき返し、乗り継ぎができなくなり、デトロイトに一泊することになりました。

航空会社は代替チケットとしてデトロイトーシアトル―ハワイー関空というフライトを示してきて、しかもシアトルの空港で夜を明かすというとんでもないものだったので、交渉して一泊のホテルを勝ち取りました。さすがに空港内のウエスティンホテルに泊まらせてくれ、といったらできないと断られましたが。
指定されたホテルまで何とかシャトルバスを予約してたどり着きました。周りがとうもろこし畑に囲まれたホテルでしたが、そこは航空会社の乗員のステイ先のようで、制服姿のクルーやCAがいっぱいでした。
で、問題はそこのホテルでおこったのでした。

ホテル代はエアライン持ちでしたが、身分証明としてチェックイン時にクレジットカードの提示が求められました。アメリカのホテルでは普通のことですし、チェックアウト時にチャージもなかったのでそれでよしと思っていました。
(ちなみに、帰りのUAでは一晩フライトトラベルで一泊したというと前の広い座席に変えてくれて親切にしてくれました)

で、そんなこともすっかり過去のことと化した3~4ヶ月後。
ホテルで提示したクレジットカードの明細に見に覚えのない料金が請求されていました。それも2件。金額にしたら数千円程度でしたが、明らかに不正使用でした。

すぐクレジットカード会社に連絡し、調査してもらい結局全ての請求は取り消されたものの、ホテルでこのようなカードの不正が発覚したのは初めての経験で驚きました。昔と違って今は、カード番号さえあれば不正をしようと思えば可能なんですね。クレジット=信用に成り立っているのに。

そこで学んだことは、クレジットカードはやはりきっちり自己管理をしておくこと。毎月の請求も必ず目を通すこと。そして、海外で利用する時はやはり有料のメジャーなクレジットカードの方が何かあった時安心して対応していただけると思いました。アメッ○スの対応はとてもしっかりしていました。

今回のデトロイトのニュースで、そんな出来事を思い出しました。
[PR]

by redsunflower | 2013-07-25 11:06 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/20083007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。