新年度準備

3月も終わりに近づいてきました。新学期の授業準備真っ最中です。

本当はもう少し早めに手をつけるはずだったのに(言うまい、言うまい。。)

新しい授業を3つ担当するので、作戦も3つ策定中。テキストを選んだ段階で青写真はできているはずですが、その骨組みを具体化していくのが腕の見せ所です。

初回に配布するシラバスには気合いを入れます。アメリカの大学院で配布されるシラバスは何枚もあって、それを見ればおよそ先生の実力がわかるほど。今でも感心して思い出すのがマスター2期目の授業のNZご出身のボキャブラリーの大家の先生のシラバス。授業をで学ぶべきことがずらリと書いてあり、ここで得た知識を同僚や知人に伝授できるようになること、とまで書いてあったのには驚きました。講義は予想通り素晴らしく、この講義を取ったことで私は研究っていいのかもと思ったものです。

さて、私のシラバス、日本の大学生は必ずしもアカデミックな動機が十分ではないので、いろいろ外因的動機づけを高めるべく、成績評価も詳しく書きます。一応学生はwebシラバスを読んで選択しているはずですが、中には「曜日と時限」で選んでくる猛者もいるので、ここはしっかり押さえます。
選択教科なら、「かくかくしかじかの評価を行うので、楽勝狙いの人にはお勧めしません。科目登録修正の時によく考えてください」といい、必修クラスならば、「これだけ勉強してもらいます。単位を落とすとあとで苦労するのでガンバロウ」とはっぱをかけます。

シラバスはパワーポイントで説明し、映像で育った今時の学生の興味を惹きます。ときどき、雑談も入れますが、「この先生の授業、他とは違う(みたい)」なんて思ってもらえれば成功です。
初回の授業開始までに、学内ウエブ掲示板に「初回からみっちり授業」と連絡しておきます。でも、近くの教室では初回は早々と終わるクラスもあるので、廊下が騒がしくなるのが悩みの種です。(15回授業なので、ゆとりがあるのかどうかわかりませんが、授業=費用と考えればアメリカなら学生からクレームが来ることでしょう。)

さて、シラバス&パワーポイントはおおよそ出来上がったので、次は配布プリントの準備にとりかかります。
[PR]

by redsunflower | 2013-03-27 18:09 | 教育 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/18983196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。