魔女のスープ

今週は成績提出の締め切り。余裕のスケジュールのはずが親の入院によりハードなスケジュールとなってしまいました。でもようやく終了しました。ホッ。

こういうハードな時は、ドリンク剤よりも乳酸菌や漢方の方が体調を整えてくれる年代となってしまいました。今お気に入りは、蔘鷄湯・鷄蔘湯(サムゲタン)。

「韓国で多く食べられる料理でありチキンスープの一種である。 鶏肉と、高麗人参、鹿茸、ファンギ(牙なおぎ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだポシン(補身)料理、つまり滋養食である」とwikipediaにある。

2度ほどレトルトを買ったのだが、自分で作ってみようと柄にもなく思い、丸ごとチキンの代わりに骨付きチキンで作ってみた。台所にある漢方食材と雑穀をいろいろ入れて。出来上がりは何とも言えない色だが、味はチキンスープ。作った翌日は骨から溶け出したゼラチンのおかげでプリプリにかたまってる。心なしか食した次の日はお肌の調子も良いような、、。そして、私は決めた。このスープを「魔女のスープ」と呼ぶことに。だって、魔女が「イッヒッヒ」と言いながらかき混ぜていそうな色だから。

来週はセミナー発表があり、今はその準備に追われている。また、魔女のスープ作らなきゃ。
[PR]

by redsunflower | 2013-02-14 16:50 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/18605127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。