苦手なもの~それは、校正

苦手なものが2つ重なって到来し、ストレスフルな日々を送っていた私です。

私は論文の校正が苦手です。特に最終校正が。

でも、できないというわけではなく、プチ自慢のようで恐縮ですが博士論文は「過去最もケアレスミスフリーの出来」であったと厳しいチェックで有名だった某先生からお言葉をいただきました。

でも、苦手です。押しつぶされるようなストレスを感じます。「もしかして、まだミスがあったらどうしよう」と絶えず考えてしまうのですね。要するに小心者ですたい。肝虚体質の完璧気質が出ていると自分でも自覚しているのですが。。。

しかも今回は、ひとつの再校論文が印刷屋さんの手違いで、指定個所以外の一列が削除されていることがわかり余計神経をすり減らしました。(こんなことってあるんですね@@)

やっとの思いで宅急便とメールで2本の論文の校正を家から追い出し(!?)、やれやれといった次第です。
[PR]

by redsunflower | 2012-11-23 12:50 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/18194027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。