研究のために

Junko先生のブログにレ―シック手術を受けた様子が紹介されています。

20万円もするの!?

1.5の視力が回復

そして、

え~!一挙に老眼に???


Junko先生は確か私より1歳下だったと思います。詳しくは文才あふれるブログをご覧ください。

30~40代には考えもしなかったいろいろな不都合が研究しようと思っても立ちはだかります。

親のこともそう、そして、自分の体調。

確かに私も以前と比べて近視だし、ローガンも少しずつ進んでいるようです。

昔は、1日15時間くらい波に乗ったら研究していました。今は、無理!

そんなことしようものなら、

あとから

ズシ、バリと体につけがきます。

若いときは、時間が無尽蔵にあると思ってた。。でも、少しずつ確実に時間の質が落ちていくのですよね。

Art is long, life is short.ですね。

でも以前より「研究するために」体調に気をつけています。

毎日のストレッチ。夜寝る前もしますが SOHO研究室でも欠かせません。夕方の散歩も許す限り行くようにしています。(目的地は徒歩10分の100円ショップ!)

冷たいもの、水分の取りすぎにも注意してます。今年の夏は最もアイスを食べなかった夏ではないかしら。

それとサプリ。ブルベリーも加わりました。余談ですが、ブドウ農家だった叔父は80過ぎで亡くなるまで老眼とは無縁でした。毎日のブドウは無理でもサプリなら何とかなりそうです。

こうやって必死にならないと体力は落ちるばっかりです。

Junko先生、ローガンは想定外でも、いっぱい美しいものを見てくださいね!
[PR]

by redsunflower | 2012-09-04 15:49 | プライベート | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/17933435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Junko at 2012-09-05 18:43 x
リンク貼って紹介していただいて、ありがとうございます。

はは、そうなんですよ、40代最後の夏、きっとどこかで「老化」を感じ始めていたからこそ、「眼だけでも若返りたい!」と思っていたんだと思います。

それで、20数万円! もするレーシックに挑戦したら、なんと、「老化」の権化・「老眼さま」が降臨してきてしまいました。 とほほ、です。

ほんと、若い時は、時間だって、体力だって、もちろん視力だって、無尽蔵にあると思っていましたよね。

近視ではありましたが、「目をいたわらないと、疲れる」なんてこと、なかったですもんね。

それがいまや、老眼鏡をかけ、長時間、文字を読む作業を避け、PCだって、最低限にしようと思っている始末・・・。

体調管理には、ほんと、気をつけなくてはならなくなりましたね。
(つづく)




Commented by Junko at 2012-09-05 18:45 x
(長々とコメント書いていたら、「文字数オーバー」と表示されてしまいました。書き始めたら止まらない私・・・。後半部分をこちらに貼りますね)


> ブドウ農家だった叔父は80過ぎで亡くなるまで
> 老眼とは無縁でした。毎日のブドウは無理でも
> サプリなら何とかなりそうです。

それって、すごいですね!
みんな誰もが「老眼とお友達」、かと思っていましたが、伯父さまのような例もあるのですね。

確かに、ブルーベリーはよく宣伝しているし、ブドウ系は全般に目にいいのですね。私もサプリ、見てみます!

Redsunflower さまのところは、ご両親にいろいろと心配ごとが絶えないようで、自分の体調管理より、そちらのほうが、ずっと難しい問題ですよね。

そういう中で、仕事に研究にと続けていくことは、思うようにいかないことも多々あるかと思いますが、お互い、がむばりましょうね!
Commented by redsunflower at 2012-09-06 18:43
Junkoさま、コメントありがとうございます。失礼しました。20万円ではなく20数万円でしたね。でも視力1.5というのはよく見えるのでしょうね。私もこの道に入るまでは、1.2~1.5の視力を誇っていました。道の向こう側から来る人をいち早く認識できるので、いつお辞儀したらいいのかタイミングが難しい~という悩みを持っていたのを思い出します。私の悩みもかわいかったものです(笑)。