abstract

今日は「自称 研究日」。

昨日の授業がハードだったためまだ、体は疲労感残る。(何しろ1週間の授業の半分が水曜に集中してる。つまり、給与の半分は、水曜日の仕事からきているということだ。そりゃ、きついけど仕方ないかな)

朝から学会発表のabstractを書く。250 wordsだ。これがだいたい私の分野では国際的にみても「ノーマル」な基準。なんとか、草案はまとめる。あと、推敲し、最後にネイティブチェックを受ける。語学教育が専門でも、やはり冠詞(the)等の使用は難しい。チェックを受けたあと、細かくネイティブに理由をきいてみると、やはり勉強になる。これが唯一自分の英語力を高めていく方法だと思う。毎回、competent checkをしてくれるネイティブを探すのが大変だけど、「いつでも日本語の訳はするからね」と言って、お願いしている。いつもお世話になる、Dさん、Jさん、Sさん、ありがとう!

最近はabstractをどんどん出し、発表の機会をとにかく自分で積極的に設定するようにしている。発表が近づくと、考えを練り直すし、文献も積極的に読むし、書く作業(たとえパワーポイントでも)が増える。つまり、学生のころは、毎コースでプレゼンとペーパーを求められたが、その状況を自分で作ろうとしている。今年は一年、この方針でできるだけやってみようと思う。
[PR]

by redsunflower | 2006-04-13 10:32 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/1749810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。