医師はそのひとの人格以上の医療はできないものである

「癒されて生きる:女性生命科学者の心の旅路」柳澤桂子著 岩波書店


作者は元理系の研究員。30数年病気と闘いながら、命とは何か、医療とは何かを時には科学者の視点で、時にはひとりの患者の視点で問う。タイトルの言葉は、32歳のころ原因不明の病を発病しそのまれな症状のために「仮病」や「うそつき」などとその後30年近く、医師の数々の心ない暴言に病以上に傷ついた作者が達観した結論である。発症されたのが70年代であり、医師の言葉が絶対であった時代という点を考慮にいれても、この言葉の持つ意味は大きい。

ひいては、

教員はそのひとの人格以上の教育はできないものである」

とも、

研究者はそのひとの人格以上の研究はできないものである」


ともいえないだろうか。 時あるごとにかみ締めたい言葉である。
[PR]

by redsunflower | 2006-04-11 12:01 | 読書録 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/1719805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。