定期試験監督

定期試験中です。

自分の担当ゴマとは別に、定期試験期間中は他の先生の試験の監督にかりだされます。

一年生が多いクラスは、「席の両側に着席すること」などのルールをまだあまり分かってないので大変ですが、上級生になると皆勝手がわかってるので、あまり声をはりあげることもなくなります。

ただ、ゼミ生とかクラス担当の学生がいても、試験会場では素っ気なくしてます。

平等に接するというのは、結構いろいろ気をつかうものです。

試験時間中、一定の時間が経過したら退出可なのですが、どの教室でも最後まで粘る学生がいます。

その気持ちわかるなあ、


私も学生時代、

「もう少し残って考えたら、答えが浮かぶかもしれない」

なんて思って、なかなか退出できませんでした。それで、新たに答えが浮かぶなんてことはなかったのですけどね(笑)。

期末試験監督の合間は、自分のクラスの試験の採点と成績付けです。
細かく評点をつけ、成績をだすのは、教育的だとは思いますが、
成績をつける今の時期は、格闘です。エクセルみ入力するたびにちょっぴり後悔。
でも、これが学生には一番効くようなので、踏ん張りどころです。
[PR]

by redsunflower | 2011-07-25 15:22 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/16324195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。