○十肩

病院へ行ってきた。

ずっと肩がしびれてた。新しいPCのせいかと思っていたけど、そうでもないらしい。

「いやだなあー」とぐずぐず先延ばしにしていたが、病院のそばの桜並木が満開近い、と聞いて「花見がてら、行ってくるか」と重い腰をあげた。

桜は5.6分咲き。個人的には「はらはら散る桜」が好きであるが、十分美しい。病院で受付をすまし、2時間以上待ちと聞いて、花見に行った。コンビニで弁当を買い、お茶と、ドリンク剤(ちょっと疲れ気味なもんで)、ひとり川沿いの桜の木の下で花見を楽しんだ。川のせせらぎ、やわらかい薄桃色の桜、桜、桜…すっかり癒されてしまった。

と、本題に戻ろう。

花見を済ませ、病院へ戻ってもまだまだ長蛇の待ち患者。どうやら私はラストの患者らしい(何しろ、受付終了2分前だったもんね)おもむろに、かばんから、シラバスやら、投稿論文の最終チェックを始める。。。。
しかし、もって行った仕事を全部終えてもまだまだ、待ち続ける。結局、5時間近く待って、診察。レントゲンをみて、美しい女医さんが言いにくそうに、「いわゆる四十肩、っていうものです」


「。。。。。。。」

四十肩、あるいは五十肩ともいう。

ちょっとはやいよねえ。でも、心当たりはある。第一、運動してないもの。

「動かさないと、ますます痛くなります。とにかく痛くても動かしてください!」と言われ、注射をうってもらい、帰宅する。

原稿をチェックできたし、花見もしたし、弁当も食べたし、まあ、いいかあ。

でもなあ、四十肩って、まったく色気ないわねえ。(としんみり)
[PR]

by redsunflower | 2006-04-04 17:43 | 健康 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/1607258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。