言葉

4月10日(日)の朝日新聞「朝日歌壇」より

ぶしつけな問いにも静かに答えるは父母を波にさらわれし人(太田市 川野公子)

生きてゆかねばならぬから原発の爆発の日も米を研ぎおり (福島市 美原凍子)

父母の名をかざしひとりで避難所を回る男の子は九歳という (福岡市 東深雪)

姿見ぬ人に二種あり原発の内部作業者、最高責任者 (高槻市 奥本健一)

津波退きしがれきの山に雪つもるこれが東北というがごとくに (東京都 久保田仁)

震度6強の実家に父母はいる呼び出し音十回・十一回応えぬ恐怖 (盛岡市 菊池陽)

東北の棺の並ぶ体育館卒業生が立つはずの場所 (東京都 中山真彩子)
[PR]

by redsunflower | 2011-04-11 12:33 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/15796017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。