メール

ゼミの卒論の指導(&推敲、こちらが大変でした!)も終え、あとは学生の最終提出を待つばかり。

やれやれ、、、


と思っていたら、学生からのメール。

ここですべて紹介したいけどできないのが残念なほど、立派なメールでした。

指導のお世話になった感謝と、社会人になって出ていく決意があふれていました。

私、学部生のとき、こんな感謝の気持ちを持たなかったのになあ。先生に感謝する、という思いを持ったのは、ドクターのときでした。

人に対して影響が計り知れない自分の仕事を改めて振り返りました。

私は今の勤務大学では、自分の専門知識を活かした指導、というよりは

論文指導を通じて、その学生の思考力と大げさにいえば社会性を伸ばすことを主眼としています。

他のゼミより、厳しいなあ、と指導しつつ、ちゃんとがんばった学生たちがとっても誇りに思います。
[PR]

by redsunflower | 2011-01-27 16:34 | 教育 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/15403965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。