異議あり!地デジ編

皆さま、すでに地デジ対策はお済みでしょうか?

アラフィー世代になると、自宅よりも地デジ対策で親の家の地デジをどうするか、という問題の方が大変、という方も多いのではないでしょうか。

今回実家の地デジ対策で思ったこと、


「こりゃ、無茶ですよ。総務省さん」

都市部の便利な所に住む高齢者は別として、

田舎の電波状態が微妙なところで、家電ショップも車でなければ行けない、しかも親は免許を返上している。

兄も私も単身赴任家庭なので、思うように帰省できない。。。

しかも、実家は何度かの建て増しを繰り返しているので、部屋によってアンテナ受信設備が異なる、、


結局、デジタルテレビを買い、(夫が車で帰省した時にお店に連れて行ってもらった)
デジタルテレビを設定し、受信状態を見たうえで、電気店で再びアンテナ工事の依頼し、

工事に来てもらって、やはり受信状態が芳しくないので、アンテナも大きめのものにし、
いろいろ増幅器をとりつけてもらい、


やっと工事完了。


手間と、工事費などの費用、

それ相応かかりました。(でも結局2階の部屋の3台目のTVは、予算の都合でデジタル化を見送り、今は映りません。ただの箱状態!)


金額もそうですが、

この手間暇、手続きの煩雑さは高齢者だけでできるものではないと痛感。もしくは、悪徳業者に付け入るすきを与えてしまう可能性大です。

それなのに、

今日もテレビで、にこやかに

「地デジ対策、おすみですか。来年7月からテレビが見れなくなります」と嚇している。 微笑んでいる。

やっぱりちょっとおかしいですよ。

地デジにした母の感想。

「相変わらず、民放はくだらないね。きれいな画面だと余計、ばかばかしくなる。」
[PR]

by redsunflower | 2010-10-18 19:09 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/14814319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。