向き合ってみえてきたもの 研究編

学内業務から少し解放されている今年度。

向き合って見えてきたものは研究面でも。。。



今取り組んでいるクラスでのプロジェクト。

学生の食いつきもいいし、おもしろいとは思うのですが、

何しろクラスルームリサーチなので、

どちらかというとアクションリサーチの域がでません。

これをどのように研究論文として発展させていくのか、思案のしどころです。

アクションリサーチも大切なんですよ。教育としては。

ただ、実践的研究だけでは不十分なのです。


これは、不謹慎な例えかもしれませんが、


パリコレにでているファッションはおよそ実用的ではないですよね。

でも、トレンドとか、方向性とかは普通の服にも必ず影響を与えます。

英語教育の研究って、これに近いものがあるのでは、と思っています。

ただ、海外のトレンドが伝わるのにファッションと違い、かなりのタイムラグがあるように思いますが。。。


自分の研究の方向性を見つけるためには、もっと先行研究をちゃんと読むべし!

8月のワークショップ前には何とか形を見つけておきたい。
[PR]

by redsunflower | 2010-06-07 17:56 | 研究 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/13911883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。