英語授業 その1

以前ご質問いただいていた英語授業に取り入れているもの(その1)をようやく紹介します。

extensive reading(日本語では多読と訳されています)を授業のなかで取り入れています。

学生には主に授業外で読むことを推奨していますが、「読んでおきなさい」「は~い」というようなことは通常あまり起こらないので、モチベーションを上げるために授業でもサイレントリーディングと呼ばれる「みんなで一緒に(もちろん教師も)読む」活動を取り入れています。

サイトはこちらで。

ただし、外国の環境下での方法をそのまま日本で実施してもうまくいかないし、日本でも学生の気質や英語力、図書館の協力体制、英語プログラムとの整合性など、調整が絶対必要です。

あちこちの学会で発表があればきき、文献を読み、またすでに実践している先生方に教えを乞い、試行錯誤を繰り返しながら進めています。

でもね、学生が
「英語きらいだったけど、こんなに英語の文を読んだのは初めて」と第1期生(今春修了)の学生のコメントを見て、とても勇気付けられました。


さあ、私の仕事はこれらの成果を論文にして発表していくこと!です。
がんばらねば。。。
[PR]

by redsunflower | 2009-11-03 10:46 | 教育 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/12245396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。