ネジ回し

さて、久しぶりの教育ネタ。

超氷河期と言われる就職戦線。

マスコミに踊らされるのもどうかと思いますが、3年10月から就職活動が解禁されているのですから、ゼミを持つ身としては傍観はしておれません。

甥っ子の通う某国立大学では指導教官が

「あなたの人生は僕の人生と違う。よって、就職指導は一切しません」

と言ったそうですが、


そういいきれる大学(教員)はいったいどのくらいあるでしょうか。

で、今年の3年生。どうもまだまだ緊張感に欠けます。

私の観察では、いまどきの学生クンは、情報収集力が十分ないように思えてなりません。
(もちろん例外の子もいますが)

小さいことでは、

「提出しないとレポートの点はつかないよ」と言っても、忘れてくる。
「締切は○○ですよ」と言っても、スルー。
「シラバスに厳しいゼミだよ」と警告しても、読まずにゼミに入ってくる、などなど。(「私のゼミを楽勝だと思ってくるなんて、信じられない!)

情報を逃すことで自分がものすごくソンするってことにとても無頓着です。

で、就職活動も。

大学では就職課やインターンシップ課がいろいろセミナーを開いたり、案内をしたりしているのに、
結構知らない学生が多いんです。私でも気付くほど、チラシなども配布されているのに。。

もったいない。


でも、きっと今までそれでも
何とかやってこれたのでしょうね。ゆとり教育?少子化による家庭内生存競争の弱化?


カンブリア宮殿というTV番組で谷まさるモード学園学長が言っておられました。

「社会は厳しいよ。給料払ったら、骨の髄までしゃぶってやろうというくらいのが会社なんだよ。」

同感です。

かくして、私はゼミ生たちのねじ回しをはっぱをかけて,行っております。

Strive to be happy!
[PR]

by redsunflower | 2009-10-16 11:43 | 教育 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/12134675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まる at 2009-10-19 17:07 x
最近の学生は、自分の将来に関して人事です。私が勤めている大学は、キャリア教育を推進しているのですが、学生が積極的でなく、頭を悩ませています。また、私も就職関連の委員に当たっているため、どのようにしたら、学生が意欲的に取り組むのかを考えているところです。
Commented by redsunflower at 2009-10-20 21:16
初期の心理学で行動主義者と呼ばれた人たちがいます。ねずみにえさを与えたり、電流流したりして、行動が確立するのを人間に応用できる(と言ったような理論ですが)当然批判されて、過去のセオリーとして教科書で習っただけですが、最近、ある程度人間にも応用できるのではないかと思ったりします。モチベーションを高めるには、、、エサ?それとも電流?いえ、飴(ごほうび)とムチ(ペナルティー)がやっぱり必要じゃないかと思っています。ただ、特に最近の男子君たち、女子よりうんとムチを弱めないと、沈んでしまうので手加減が難しいです。