なぜそんなに強いの?

最近

複数の方から、

言われます。


redsunflowerさん、強いですよね。

何でそんなにがんばれるの?

何でそこまで一生懸命なれるの?

何でそれほど英語教育に情熱をかけられるの?

とか、、、

二十代の私なら、

「そんなことないですよ。ホントは私弱虫なんですう」と反論したでしょうし、

三十代の私なら、

「誰も仕事しないから、仕方ないんじゃないの」

と逆切れしてたかも。

四十代も四捨五入すると大台にのる現在、

するっと質問をかわし、

「何ででしょうねえ」とさりげなく話題を変えることが多いですね。

気持ちは同じです。昔と同じ、

自分だって弱いところも、切れる!ところもいっぱい持ってます。

ただ、仕事だから、

やらなきゃいけないんだったら、させていただきましょう、という感じです。


gift

という言葉があります。


昔、通っていた英語学校の先生が

「僕たちのプロテスタント系のキリスト教の教えでは、神から与えられたgiftがあるなら、それを使わないことはsinなんだよ」

といった言葉が印象に残っています。

私にたいしたgiftがあるかどうかわかりませんが、少なくともできることはやってみよう、できなければそのとき考えてみようと思うようにしています。

ただ、滅私奉公という言葉は嫌いなので、

もちろん、対価は考えてます。

最近の私の宣言、

「あと数年で変わらないのなら、私の業務は教育と研究に絞らせていただきます」

よ~くきいておいてくださいね。大学の方々!
[PR]

by redsunflower | 2009-09-17 11:47 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/11950579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。