「大学生の英語」その①

さて、大学生の英語教育についてご質問をいただいていたので、今日はそのトピックを!

まず、大学の先生方、

ご自分の英語学習歴をひとまず、ヨコにおいてくださいね。

たいていの大学教員は、

たとえ「英語ができない」

とおっしゃっても、


それなりの英語学習歴をお持ちです。


でも、よほど大学出たてのほやほやの若い先生以外では、

今の大学生が中学・高校・大学と受けてきた英語教育歴は


先生方の経験と、多くの場合まったく異なります。


とても、大切なことなので、心にとめてください。


では、まず「英語を勉強したい」というゼミ生に対して、どういう指導をするか、と言う質問に対して。

まず、学生がいう


「英語」とは、何を目的としているのでしょうか?

会話?論文を読むこと?論文を書くこと?プレゼンテーション?

会話にしても、いろいろです。

海外旅行なのか、日常会話なのか、留学を考えた会話なのか

さらに、日常会話としても、どういう会話なのか?

巷の書店では、「英会話」という本があふれていますが、中をよく読むと海外旅行目的だったりします。

学生の目的をはっきり絞らせてください。

そして、その上で、シチュエーション別にダイアログを暗記させて、それを使用させる機会をたくさん作ってください。基本会話なら、早い学生なら1か月くらいで、「場面別」会話はできるようになります。


もし、アカデミックな英語(プレゼンを含む)であれば、やはり気合いと根気と勉強量が必要です。

でも、やる気さえ持っているなら、戦略的に行いましょう。

まず単語の確認です。

高頻度語約2300及びその派生語でおよそ、通常のテキストの80%をカバーするといわれています。このレベルの単語力は基本中の基本です。覚えてなければ、しっかり暗記しましょう。また、覚えていても、
「う~~ん、ン何だっけ?」と時間がかかるようであれば、まだ不確かです。数秒できれば瞬間に答えが出るくらいまで訓練してください(そうです、まさしく訓練が必要!)

次は、アカデミック単語の習得に行きましょう。約600のacademic wordsは、アカデミックなテキストのおよそ10%をカバーしています。


ということは、80+10=90

2300+600=2900


およそ2900語の単語をマスターすれば、何と約90%のテキストの単語がわかることになります。
そして、あとはそれぞれ専門分野の専門用語を覚えていけば、90%~以上の単語が理解できることになり、
英文を読むのに、辞書にお世話になる機会がぐんと減ります。


いかがでしょう?

参考までに、実際のこれらの単語についてはこちらを参考にしてください。

リストでは、AWLが先ですが、まず、The General Service List=>The Academic Word Listの順です。


つづく。
[PR]

by redsunflower | 2009-03-02 12:39 | 教育 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://sunnily.exblog.jp/tb/10469898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mrs.S at 2009-03-04 01:37 x
参考になります。続きも待っています。
単語は英←→日でいいのですよね。
Commented by chinos at 2009-03-05 01:11 x
単語リストをダウンロードして、研究室で単語の復習に勤しんでしまいました(笑)。普段、英語論文以外(それも自分の専門分野のみ)で英語に触れる機会がほとんどないので、大学受験で必死に覚えた単語や熟語は忘却の彼方・・・ボキャブラリーは減る一方です(もしかして日本語のボキャブラリーも???)。
Commented by mh at 2009-03-06 09:38 x
ありがとうございます。忍者の段とびのごとく、毎回単語テストなどしていこうかなと思います。ふむ。